×
×
×

伐採・抜根とは

○ 伐採

一般家庭における伐採とは、大きく育ちすぎて手入れできない木や、台風や災害などによる倒木の危険から家を守るためにおこないます。

木を伐採するときは、地面から1センチメートルくらいから切り倒すのが一般的です。

 

○ 抜根

伐根とは、木の切り株を根っこごと掘り起こして抜き取る作業のこと。

庭木だけでなく、たとえば生け垣を植え替える際も、すべての根っこを伐根してから土壌改良して新しい生け垣を植えないと、うまく育ちきらないといわれています。

23メートルぐらいの庭木ならご自身で作業できそうだと思われがちですが、根っこは想像以上に深く伸びている上、石などを抱えている場合があるので専門業者にご依頼ください。

当サイトについて
掲載希望の企業様へ
よくあるご質問
TOPページに戻る