×
×
×

引越し時のベッドの運び方は?

〇ベッドの分解、組み立ては引越し業者にまかせよう

「分解しなくても、玄関や部屋の入り口部分からベッドを出すことができそう」というときも、分解できるタイプのベッドは分解することをおすすめします。なぜなら運搬時にネジなどで留められている部分に負担がかかるからです。

また、大きなベッドを引きずったり、斜めにして運んだりすると 床や壁に傷をつけてしまうことが考えられます。ベッドの分解や組み立てはそれほど難しいものではありませんので、引越し業者にまかせましょう。

 

〇分解、再組み立てができないベッドはどうする

組み立て式のベッドの中には、一旦組み立てたものを分解して再組立することを想定して作られていないものがあります。

IKEAのベッドや家具の分解再組み立ては断る引越し業者も≫

例えば人気のIKEAのベッド。一部の商品のなかには、分解した際にネジ穴やパーツとパーツの間に隙間ができてしまい、再度組み立てても本来の機能を取り戻せないものがあるそうです。

引越し業者の中にはトラブルを防ぐために IKEA の家具の分解再組み立ては行わない、あるいは運搬はしても破損した場合、補償の対象外になるというところも。 IKEA の家具全てが対象というわけではないようですが、分解式のベッドや家具がある場合、訪問見積もりの際、引っ越し業者に運搬してもらえるか確認しましょう。

 

〇引越し業者にマットレスは運んでもらえる?

折りたためないタイプのキングサイズやダブルベッドのマットレスは引っ越し時運搬する際に別途料金がかかることがあります。見積もり時に確認しましょう。

運搬する料金が高い、マットレスが古いのでお金をかけたくないという場合、古いマットレスを処分して新しいものを購入してもいいでしょう。送料無料で配送してくれるショップを選べば節約につながります。

当サイトについて
掲載希望の企業様へ
よくあるご質問
TOPページに戻る