×
×
×

遺品整理で最初にしておくべきこと

  • 〇スケジュールを立てる~遺品整理を始める時期
  • 遺品整理を始める時期は、一般的に四十九日法要を目安にといわれていますが、特に決まりはありません。故人の住まいが賃貸物件で退去日がある場合や、持ち家の場合でも売却や譲渡で引き渡し日という期日がある場合は、期日までに終わらせることができるよう逆算して始める必要があります。管理会社や不動産業者に問い合わせて、遺品整理を完了する日を決めましょう。

住まいに期日制限がない場合は、自分のペースでゆっくりできますが、ある程度目標完了日を定めたほうがスムーズに進みます。葬儀のあとしばらくは様々な実務や手続きに追われますので、それらが一段落し、心の整理がつきだす頃から始めるとよいでしょう。目標が決まれば、処分のスケジュールを立てることができます。

 〇遺言書の確認

遺品整理は、遺言書の有無を確認してから始めます。正式な書式や手続きに従って作成されたものであれば、法的な効力を持ち、最も重視されます。遺品についての記述があれば、それに従って処理しなければなりませんので、最初に遺言書を確認しましょう。

 〇遺品を分類する

遺品には多くの種類があり、これらを効率的に処理するには分類することが大切です。故人の持ちものから遺産相続の対象となるものを除いて、保存するもの、処分するもの、人に譲るものに分けます。

【保存するものとして】

    貴重品・・・現金、実印、通帳、手帳、日記帳など

    仕事関係の書類・・・契約書、領収書、帳簿など

【それ以外のもの】

    家財や衣類・・・家具、家電製品、日用品、アルバム

    趣味のもの・・・着物、骨董品、本、フィギュア、楽器などのコレクション品

当サイトについて
掲載希望の企業様へ
よくあるご質問
TOPページに戻る