×
×
×

遺品整理を自分で行う場合

遺品のうち、保存するもの・自分で使うもの・人に譲るものを除いた不用品を自分で処分するには、以下のような方法があります。

自治体の粗大ごみに出す

不用品でも家具などの大型のものは粗大ごみとして処分します。粗大ごみのルールは自治体ごとに異なりますが、一般的には予約制で、1品ごとに手数料がかかります。完了日までに回収してもらえるように予約しましょう。自分で処理場へ搬入できる自治体もあります。

廃品回収業者に依頼する

粗大ごみのほかに、廃品回収業者に回収してもらう方法もあります。この場合は、一度にまとめて大量の品を回収してもらえることや粗大ごみでは回収できないものも回収してもらえるなどのメリットがあります。しかし、粗大ごみに出すよりも費用がかかります。

リサイクル・買取に出す

比較的新しくまだ使えるものは、リサイクルショップや買取業者へ売却する方法があります。リサイクルショップは幅広く引取に対応していますが、遺品整理という性質上、古くても価値あるものが含まれている場合もありますので、より専門性の高いスタッフがいる買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

当サイトについて
掲載希望の企業様へ
よくあるご質問
TOPページに戻る