×
×
×

食器の処分方法

〇食器の捨て方は1つではありません。不用品の処分を考えると、真っ先に思いつくのが自治体の利用です。必ず、普通ゴミとして処分できるとは限りません。普通ゴミは、最大の辺または径が30センチメートル以内のもの、あるいは棒状で1メートル以内のものです。それ以上の大きなゴミや多量に出るゴミは、粗大ゴミです。

〇ガラス製品をはじめ、陶磁器・プラスチックと食器にも種類があります。素材が違えば処分方法も、異なるのは明らかだと思います。まず、気をつけていただきたいのが、『食器の処分方法』です。食器は「ワレモノ」ですので、そのままゴミ袋に入れてしまうのは大変危険です!

陶器・ガラス製の食器

家庭で最も多いのが、陶磁器・ガラス製の食器です。これらは、燃えないゴミの扱いです。新聞紙に包む、箱に入れる、透明な袋に入れて品名を書くといった手順を踏むのが一般的です。

金属製の食器

金属ゴミとして処分する必要があります。金属製の調理器具も当てはまりますが、多くの自治体は30cm以上の食器を「粗大ゴミ」としているので注意が必要です。熱伝導が良くさびにくいことから、多くの鍋やフライパンなどに使われる素材です。

プラスチック製の食器

プラスチックのゴミ、もしくは燃えるゴミとしての扱いです。自治体により名称や扱いは異なりますが、日常的に出るプラスチックと同じ要領で処分可能です。軽くて割れにくいことから、お皿・コップ・鉢・子供用食器などに人気があります。

まだ使用できる食器の処分

実家の倉庫整理や遺品整理など、食器の大量処分をするときは、まず食器買取業者へ売るのも手段のうちだと思います。また、大量に捨てる食器があると業者と勘違いされ、自治体に回収してもらえない場合もあります。

そのため、粗大ゴミとして出す場合は、処分費用が発生します。食器買取業者を利用した場合は、大量の食器を無料で処分できる以外に、買取してもらえた分だけお金をもらえます。1点から買取可能な業者も多いので、食器を処分する前に食器買取業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自治体へ依頼する場合のメリット・デメリット

粗大ゴミでない場合は、自分のペースで進めることができます。しかし、食器を自治体で処分する場合は、分別や下調べなどを1から全てやらなくてはいけません。また、分別方法が厳しいところもあるため、間違いのないよう事前に確認してください。

当サイトについて
掲載希望の企業様へ
よくあるご質問
TOPページに戻る